自宅で行うムダ毛処理は肌トラブルが起きやすい

ムダ毛処理が欠かせない、という女性は多いです。

肌を露出する季節になると、なおさら気になります。

ただムダ毛がなくなってきれいに見えるはずなのに、毛穴がポツポツしている、肌が赤くなっている、などと肌がなんだか汚い、肌荒れしていると感じてしまうことがあります。

その肌荒れ、ムダ毛処理が原因かもしれません。

ムダ毛処理でよく使用されているのは、カミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛ワックスといったものです。

自宅で手軽に処理でき、安く済むところがメリットです。

しかしながら肌への負担が大きくなってしまうところが、最大のデメリットといえます。

ムダ毛処理の肌トラブルとしての埋蔵毛や毛嚢炎

例えば、ムダ毛処理の肌トラブルとして知られているのが、埋没毛です。

ムダ毛を処理した後、次に生えてくる毛が皮膚の下に埋もれたまま皮膚上に出てこられず、皮膚の下で成長して黒く目立つ毛のことです。

黒いゴマのようなものが皮膚の下に埋もれていように見えてしまいます。

カミソリや毛抜きなどで肌を傷つけてしまい、その傷が治ったときに毛穴をふさいでしまうことが原因です。

その埋没毛を取り出そうと、再び皮膚を傷つけることをすれば、また同じ埋没毛になる可能性があります。

また、ムダ毛処理後に毛穴が赤く炎症を起こしてしまったことはないでしょうか。

毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれていますが、毛穴の奥に菌が繁殖してしまうことが原因です。

見た目がニキビのようで、痛むことも多いです。

カミソリ、毛抜き自体の衛生状態が悪いことで菌が繁殖したり、カミソリで肌に傷がつけば、なおさら繁殖しやすい状態になります。

そして、何度もムダ毛処理を重ねていくうちに、なんだか肌が黒ずんできたということが起こります。

これは肌が色素沈着を起こしている状態です。

肌は外部から刺激や摩擦が起こると、メラニン色素を発生させて肌を守ろうとする働きをします。

通常は肌のターンオーバーによってメラニン色素は排出されますが、頻繁にムダ毛処理を行っていると肌が乾燥してターンオーバーが乱れ、メラニン色素がうまく排出できなくなります。

そうするとメラニン色素がそのまま皮膚に色素沈着してしまい、見た目が黒ずんでしまうのです。

除毛クリームの成分が肌に合わないこともある

その他、除毛クリームの成分が合わないとかぶれや炎症を起こすこともありますし、脱毛ワックスもワックス剤を引きはがすときの皮膚への負担は、かなり大きいと言えます。

このように、ムダ毛をなくしてきれいになろうとした行為が、その肌トラブルを引き起こしているのです。

ムダ毛処理によって肌トラブルが起こるということが最近知られてきており、ムダ毛処理は専門機関で行うのが良いと脱毛サロンに通う人が増えてきています。

毛には毛が生えるサイクル、毛周期があるため、多くの専門機関では1~2か月おきに1回のペースで施術に通うことになります。

脱毛サロンの場合は1~2年ほど通うことで満足のいく脱毛状態になる人が多いです。

脱毛サロンで主流になっている光脱毛は、黒いメラニンに反応し徐々に薄く細い毛にしていく効果が得られます。

施術後は、肌が敏感に反応しているので、ローションなどで保湿ケアが施されますが、皮膚を傷つけることなく、毛穴が引き締まり透明感のある肌に近づけるのがメリットです。

1~2か月おきとはいえ、1~2年も脱毛サロンに通うのは面倒と思う人もいるでしょうが、自分でやるムダ毛処理は一生続きます。

そして、肌トラブルがつきまとうのです。

それを考えると、肌に負担をかけずきれいにムダ毛をなくしたいなら、脱毛サロンに通ってプロに施術を依頼するのがおすすめというわけです。

脱毛サロンに通えば処理するムダ毛が少なくなってくるので、ムダ毛の処理頻度も少なくなり、埋没毛や毛嚢炎などのトラブルも回避、予防ができます。