脱毛が痛いはもう古い?痛みはほとんど感じないって本当?

これまでの脱毛や脱毛サロンへのイメージは「施術する時に痛い」や「施術した後に痛みがある」など、痛みに対してのマイナスイメージを持たれていました。

実際に脱毛サロンを利用した経験がない人にとって最も気になるのが痛みであり、そのイメージがあるために利用を躊躇するという人も少なくないようです。

ですが最近の脱毛や脱毛サロンでは痛みがほとんどないと言われており、初めての人でも安心して利用できる美容サービスとして新しいイメージが定着しつつあります。

そもそもなぜこれまでの脱毛や脱毛サロンは痛みを伴っていたのかというと、以前主流だった脱毛方法が「ニードル脱毛」と呼ばれているものだったためだと考えられています。

ニードル脱毛とはひとつひとつの毛穴に針を刺して電気を流して毛根を焼き切る手法であり、針を刺したり電気を流す時の刺激が非常に強かったために痛みを伴っていたようです。

またニードル脱毛の場合は皮膚に直接針を刺すようになるため施術を行った部分は小さな傷になってしまいますし、電気を流した際に火傷を負ってしまうケースも珍しくなかったと言います。

ニードル脱毛で脱毛が痛いというイメージが定着した

このようにかつて脱毛サロンで一般的に行われていたニードル脱毛のイメージが定着してしまったために、多くの人たちの中で脱毛や脱毛サロンの施術は痛みを伴うものだと考えられるようになったのです。

さらに最近行われている方法の中にも痛みを伴うものがあり、レーザー脱毛と呼ばれるものがあります。

これは医療機関で利用できる脱毛方法の一つで、出力の強いレーザーを照射して毛根を焼き切るため強い痛みを伴います。

出力の弱いレーザー脱毛であれば脱毛サロンでも利用されているのですが、より効果の高い医療レーザー脱毛は医療機関でしか実施できないようになっていますし、出力が強い分効果は高いのですがどうしても痛みを伴うようになっているのです。

この医療レーザー脱毛の存在によって「効果の高いものは痛みを伴う」というイメージがついてしまうようになってしまい、より脱毛に対する痛みのイメージが強くなってしまったと考えられています。

そんな脱毛や脱毛サロンのイメージが変わるきっかけとなったのが、フラッシュ脱毛の導入です。

フラッシュ脱毛とは光脱毛とも呼ばれており、メラニン色素にのみ反応する特殊な光を瞬間的に照射して毛根にダメージを与える方法として利用されています。

フラッシュ脱毛の特徴は光を照射する点で、直接毛穴や皮膚に器具や針を刺すわけではないので痛みをほとんど感じないと言われています。

さらに瞬間的に複数回照射するだけなので軽い熱を感じる程度に収まりますし、火傷をするような高熱ではないので肌に対しても安全性が高いところが特徴です。

脱毛の痛みのイメージは払しょくされるようになっている

フラッシュ脱毛の存在によって徐々に脱毛に対する痛みのイメージは払しょくされるようになり、それからも新しい脱毛方法が導入されるごとに痛みを伴わないものが増えています。

そのため最近では脱毛や脱毛サロンに対して痛みなどのマイナスイメージはほとんどなくなっていますし、むしろ気軽に利用できるものとして認識されるようになっています。

ただし注意点としては、どのような脱毛方法でも皮膚の薄い部分への施術はある程度痛みを伴うという点が挙げられています。

特にVIO脱毛や脇脱毛の場合はフラッシュ脱毛でもある程度の痛みを伴うと言われていますし、肌の状態や体調によっても痛みの感じ方が異なっているようです。

それでもニードル脱毛やレーザー脱毛よりは痛みをそこまで感じないものがほとんどですし、初めて脱毛を経験する人でも安心して利用できる方法が増えてきています。

そのためこれから脱毛や脱毛サロンの利用を検討している人は、痛みに関しては基本的に気にしなくていいと言われています。