施術前に必要な脱毛とは?

脱毛サロンの経験がない場合、自分では何もしなくてもエステティシャンがすべてのムダ毛処理をしてくれると思っている方も多いのですが、実は施術前に自分で脱毛をする必要があるのです。

脱毛サロンで行われる光脱毛では、毛根に光を当てて脱毛します。

しかしムダ毛が伸びていると、毛根に光を照射できないので脱毛効果が得られません。

つまり、ムダ毛が伸びた状態では施術できないのです。

ですから脱毛サロンに行く前に、脇毛やすね毛などの無駄毛をシェーバーなどで剃っておく必要があります。

では、ムダ毛の処理をせずに脱毛サロンに出かけた場合はどのような対応が行われるのでしょうか。

ムダ毛の対応は、お店によって異なります。その日の施術はキャンセルとなるサロンや、剃り残し部分は施術しないサロンもあるでしょう。

また、有料でシェービングを行ってくれるサロンもあれば、無料でシェービングを行ってくれるところもあります。

ムダ毛の処理は脇や足などは自分でできても、襟足や背中など手の届きにくい箇所を自分で手入れするのは難しいですね。

なので多くのサロンでは、手の届かない部位に関しては無料でシェービングサービスを行っています。

シェービングサービスは、脱毛サロンによって異なりますから、契約前にきちんと確認しておきましょう。

主な店舗のシェービングサービス

では、主な脱毛サロンのシェービングサービスの内容をみてみましょう。

まず剃り残し部分のシェービングサービスが無料なのがシースリーです。

ただし顔とVIOゾーンのシェービングは、不衛生なのでお店のシェーバーは使ってもらえません。

電動シェーバーを持参する必要があります。

条件付きで無料なのが、ジェイエステです。

シェービングは無料ですが、シェービング直後の脱毛は肌トラブルを起こしやすいため、その部分の施術は行われません。

ミュゼの場合はえりあしと背中、Oラインの3か所の剃り残しのみ、無料で処理してくれます。

キレイモも条件付きです。

回数パックの利用者のみ無料で、月額制の場合はえりあしと背中、Oラインの3か所のみ無料。その他の部分は料金が必要です。

有料なのが脱毛ラボ。

TBCとエピレは、店舗によって異なります。

大手有名サロンでは一部のか所のみ無料など、条件付きで無料のシェービングサービスを行っているケースが目立ちます。

しかし各店舗によって、シェービングサービスの内容は異なります。反り残しがあれば、その部分の脱毛は行われるないケースも多いので、事前にシェービングサービスの内容もしっかりと確認しておきましょう。