毛周期の期間は個人差があるの?

ムダ毛の処理は、露出の多いファッションや水着などを楽しんだり、女性の身だしなみとしても大切です。

また、さまざまな方法がありますが、その中でも脱毛が最も一般的といえるでしょう。

実はこの脱毛と毛周期には深い関係があります。

毛周期とは、毛が生えかわる期間のサイクルです。

この毛周期は、身体の部位によっても異なりますし、個人差もありますので、人によって変わるともいわれています。

毛周期には、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルがありますが、効果的な脱毛をするためには、この毛周期についても良く知っておくことが大切です。

毛周期の成長期とは

まず、ひとつ目の段階である成長期とは、毛細血管から栄養を受けた毛母細胞が分裂して、その結果毛が作られて皮膚の表面に出てきます。

いわゆる成長をして行くための時期です。

したがって、脱毛をする際に一番効果的であるのがこの成長期となります。

毛周期の退行期と休止期とは

ふたつ目の退行期とは、毛細血管からの栄養分がなくなり、毛母細胞の分裂が止まります。

そして、毛が抜ける準備に入る時期になることです。最後は休止期です。

退行期を終えて毛根と毛が完全に離れると、毛が抜け落ちます。

そして、次の成長期に入るまで休止する時期のことを指します。

毛周期は、この3つのサイクルで成り立っていますが、身体の中で最も長い毛周期は頭髪です。

これにも、個人差がありますが頭髪の毛周期で約5年といわれ、最も短いのが眉毛です。

眉毛の毛周期は約3カ月で生えかわるといわれています。

また、ムダ毛の処理として、最も気になるワキの下の毛周期は約4カ月程で、ビキニラインの毛周期は約1年程といわれています。

したがって、サロンでの脱毛はこの毛周期を参考にして、施術を行いますので一度で終了というわけではなく、定期的に複数回通うことが一般的です。

また、毛周期は身体の部位だけではなく、人によって違うといわれています。

例えば、髪の毛の伸びる早さにも個人差がありますが、それと同じ理屈です。

毛周期は人によって違う

では、どうして人によって違ってくるのでしょうか。

主な個人差には、年齢とホルモンが関係しているといわれています。

まず、年齢が若い方が毛周期が長いと言われています。

一般的に年齢が若いと、毛の勢いも強くて毛周期の移り変わりにも時間がかかります。

一方、年齢を重ねていくと毛も細く勢いも弱くなり毛周期の移り変わりも早くなります。

したがって、脱毛をするには、年齢を重ねていた方がしやすいということです。

また、人間は性別に関係なく、男性ホルモンと女性ホルモンのふたつのホルモンを持ち合わせています。

一般的に、男性ホルモンの分泌が多いと体毛が濃くなっていきます。

女性の中にも男性ホルモンがありますが、実は女性ホルモンよりも男性ホルモンのほうが多く分泌しているともいわれますので驚愕です。

ちなみに、女性の男性ホルモンは副腎や卵巣で作られるといわれています。

一般的な女性の男性ホルモンの増加の原因としては、過度なストレス、不規則な生活習慣や食生活、身体の冷え、睡眠不足などが関係しているといえます。

男性ホルモンを過剰に分泌すると、ホルモンバランスが崩れるので、結果的に毛周期が乱れる原因となるのです。

これによって、毛周期に個人差が現れるといえます。

また、無理な脱毛方法によっても、毛周期が変わることがあります。

例えば、毛抜きなどでは無理に毛を抜こうとすると、毛乳頭を引きちぎってしまうことがありますので、それによって毛周期が狂ってしまう原因となるのです。

毛周期に個人差が出る原因はこのようなことが考えられるのです。

年齢は仕方がないのですが、その他の生活習慣などは、見直すことが可能ですので、できるだけ男性ホルモンの過剰な分泌を避けるようにして、女子力アップの為にも効果的な脱毛ができるようにしたいものです。